いっそキャビンアテンダントに転職しようか

副業を考えるのに疲れたので妄想に逃げてみます(笑)

若さと美しさを活かして高収入な職業に就いてみるのも悪くありません。

例えば客室乗務員、キャビンアテンダントの平均年収は約500万円ほどだそうですが、人によっては600万円前後にもなるので、比較的高収入かつ華やかな仕事と言えそうです。

売れっ子タレントになってCM1本で5,000万円を目指すよりは、キャビンアテンダントになる方がより現実的な選択肢です。

ただし年収は航空会社によって大きく異なりますし、ある程度の経験を積まないと給料は高くなりませんし、何と言っても重労働です。

見た目の華やかさで霞んでしまいますが、キャビンアテンダントはにこやかな笑顔を保ちながら重い荷物の上げ下ろしや飲み物や食事の給仕をしたりとハードな重労働をこなしているため、腰痛持ちがデフォルトなのだとか。

また契約社員としての入社で正社員になれるのは4年目以降のため、身分的な不安定感を感じるかも知れません。

ただ、キャビンアテンダントがいかにハードな仕事であっても、女性にとっても男性にとっても憧れの職業であるのは間違いありません。

例えばモテる職業と言えばCAや女子アナなどが筆頭に挙がりますが、男性からの好感度が高く綺麗な女性が多いイメージがあります。

華やかな仕事でがっつり稼ぎつつ、腰痛が悪化する前に将来有望な男性を賢くゲットして職場の先輩に妬まれながら寿退職するのが花道といえそうです。