バクチは胴元が儲かる仕組み

しばらく前から副収入に関する怪しげなメルマガを購読しています。

先導的な文章とともに何がしかの無料セミナー等が紹介されていて、そちらを見るとお金が儲かる方法の塾や高額なセミナー等がセットになっています。

面白半分で請求してみたら、次から次へと来るメルマガに辟易ですが(笑)
様々な稼げる情報なるものが紹介されているのですが、この人たちはネットでは有名な詐欺もどきで、知っている人は知っているので生暖かい目で見ています。

けれども、ちょっとココロが弱っている時ならフラッと信じてしまいそうになるかも知れませんし、知らなければ騙されてしまう可能性は高いと思います。

なぜ騙されるのかというと、騙す側は尋常ならない工夫と努力をしているからです。

往々にして良い商品を売っている会社が潰れて粗悪な商品を売っている会社が着々と業績を伸ばすという現象が起こりますが、良い商品を売っている会社は自分の商品に自信があるために売るための努力を怠る傾向があるそうです。

それとは逆に、粗悪品を売っている会社は自社の商品が粗悪だという自覚があるからこそ、いかにしてユーザーを騙して売りつけるかを熱心に研究しているので、結果的に業績を伸ばすことができるのだそうです。

業績の伸びている会社の全てが粗悪品を売っている訳ではありませんが、そういう例もあるという視点で見ると、尤もらしい煽りで見る者の心を惹きつけるオファーはそれだけの騙すための努力やノウハウの積み重ねである場合も少なからずある訳です。

だからこそ、疑うことを知らない新参者ほど騙されてしまうという残念な結果になりがちです。

バクチは胴元が儲かるのと同じで、怪しげなオファーは紹介する側がいくらかの報酬を貰えるので無責任に紹介し、また紹介されたオファーは如何にしてユーザーをその気にさせるか(騙すか)を必死に研究している人たちなので、素人はその誘惑に太刀打ちできません。

くれぐれも儲かる情報に騙されないように注意が必要です。