副業は趣味ではありません

副業の中でもオークションを利用した転売はかなり浸透してきた感があります。
むしろ飽和状態と言ってもいいかも知れません。

例えばAmazonを利用して本やCDなどを転売するせどりは「にわか」が増えたせいで市場価格が崩れ、キャリアの長い目利きのせどり屋さんがずいぶん迷惑しているのだそうです。

中途半端な素人が参戦することによって経験者が迷惑するのは、商売に限らず趣味の世界などでも起こりがちなことですが、それはともかく。

どうせ転売で副業をするのであれば、大きな利益を狙わなければ本業の合間に使う時間や手間がもったいないですよね。

ところが、ヤフオクをよーく見ていると、100均で売っているタオルを100均のカゴに詰め、100均の造花で飾り付けてイメージ写真のようにボカした画像で雰囲気を出して雑貨を売っていたりコストコの日用品を売っていたり、知っている人が見れば大した利益が出ていないことは明白な出品が多数見受けられますが、これらは1点売っても1,000円にも満たないレベルです。

薄利多売という考え方はありますが大した数は売れていないし、利益が100円の品でも1万円の品でもオークションの手間は何ら変わりませんので、むしろ趣味として取り組んでいるのかも知れません。

安い品を買う人は往々にして送料を値切ったり些細な瑕疵でクレームをつけてくるなど付き合いにくい客層なので、もし仮に副業として利益を考えているのであれば決してお勧めできないジャンルです。

僅かばかりの利益のために本業で疲れた身体に鞭を売って副業をして、更にDQNな客層を相手にするなんて、まるで罰ゲームではないでしょうか。