地面を見て稼ぐ「地見屋バイト」

「地見屋」というバイトをご存知でしょうか。

地見屋というのは地面を見る仕事のことで、もともとは街中で落ちているお金を集めて生計を立てていた人を指します。

もちろん金目のものを拾いたくても簡単にお金が落ちているはずもありませんので、金欠の熊さんが地見屋をやろうと地面ばかり見て歩いたせいで自分の財布を落としてしまい、それを仲間の地見屋が拾って祝杯を挙げていたという落語もあります。

今どきの街中では落ちているお金で生計を立てるのは厳しいと思われますし、転じて現代の地見屋は競馬場に赴いて捨てられた馬券を拾って歩くのだそうです。

捨ててある馬券なんて全部ハズレ馬券でしょ?と思うのが素人の浅ましさで(笑)

競馬場には意外にも結構な数の当たり馬券が落ちていて、普通に拾っても1日で1-2万円とか、タイミングが良ければ10万円レベルの当たり馬券もあるというので俄かには信じられません。

これは競馬の投票券がマークシート式になったため(だいぶ前ですが)、自分の予想が外れたと思ってレース終了後に捨てられた馬券が実は当たっていた、というケースが少なくないのだそうです。

なので地見屋は今日もレース後に捨てられた馬券を求めて下を向いて歩いて、大きなゴミ袋に馬券を詰め込んで自宅に持ち帰り、1枚ずつコツコツと地道に照合作業を行うのです。

競馬が嫌いでない人なら自分のお楽しみの合間に馬券を拾って地見屋の副業も面白いかも知れないですね。