意外と報われないキャバ嬢の仕事

古くからの友人が副業でキャバ嬢をやっています。

アラサーというよりはアラフォーという年齢で現役キャバ嬢なのも凄いのですが、他の店舗から引き抜かれて更に時給の良い店舗に移動したというので余計に驚きです。

年齢だけ聞くと決して若くもないし男性にとっては射程圏外かも知れませんが本人を知ると納得というか、特別な美人ではないけれど不思議な色香を纏う魔性の女でドン・ホセよろしく彼女に迷って人生を狂わせた男の数は数え切れません。

そんな彼女にとってキャバ嬢という副業は天職という感じもしますが、一般人がキャバ嬢になるのは思ったほど華やかでもなく実際には苦労が絶えないハードな仕事のようです。

小悪魔agehaなどではキャバ嬢の派手な生活やメイクなどキラキラした側面ばかりが強調されていますが、ヘアセットやネイル、ドレス代などは自前になるので費用がかかります。

またアフターや同伴がある場合は私服もそうそう地味にしてられませんので、更にお金がかかります。

いくらお金をかけても気にならないくらい儲かるのならいいですが、ノルマが達成できないとペナルティが取られるお店も多いですし、またキャバ嬢同士の人間関係や接客にまつわるストレスなどもあるようです。

もしキャバ嬢での副業を考えるなら、体験入店などの制度を利用して試してみた方がよさそうです。