投資は副業には向いていない

仮想通貨取引所コインチェックから、約580億円相当の仮想通貨NEM(ネム)が不正に引き出された問題で、コインチェックの管理体制の甘さが指摘されています。

最初の5分間で約5億円が移動され、流出が約8時間も経ってからコインチェック側が把握したとなると、やはりセキュリティの弱さが指摘されても仕方ありません。

どうやらコインチェックには技術者が不足していたそうで、「オフラインにする技術的な難しさがある」「基本的には技術的な難しさと、それを行うことのできる人材が不足していることが原因となります。」「私たちもそこの開発については着手はしていたのですが、今回の事象までには間に合わなかったということになります。」などの発言を見る限り、ここは未だ発展途上で預けてはいけない取引所だったのでしょう。

しかし、どの仮想通貨の本を見ても、どのサイトを見ても大抵はトップ3のおすすめ取引所としてコインチェックが紹介されていますので、本当はヤバい会社だなんて、そんなことは一般ユーザーには分かりません。

ただ、これだけの大きな事件が起きているにも関わらず、いまだにコインチェックを推しているサイトを見かけると暗い気分になります。

仮想通貨に限らず、株にせよFXにせよ投資というものはリスクを伴うので地道な株主優待狙いの保有ならまだしも本業の収入を補うという意味での副業には向いていないと言えそうです。