民泊は副業かビジネスチャンスか

エアビーアンドビーって聞いたことありますか?

私は最近知ったのですが民泊というビジネスというのが流行っているらしく、その先駆け的な会社がAirbnb(エアビーアンドビー)なんだそうです。

民泊って何?と思ったら、要するにホテルや旅館じゃなくて民家に泊まることを指すそうで、田舎の親戚の家や友達の家に泊まるのも広い意味で言えば民泊に該当します。

これをビジネスチャンスと捉えて不動産投資のように民泊ビジネスに参入しようとしている投資家や、副業として自宅の空いた部屋を貸してお小遣い稼ぎを目論む主婦もいるようです。

確かに、2020年の東京オリンピックに向けて、これから民泊ビジネスがブームになりそうですね。

宿泊する側はホテルよりも安く泊まれるし、貸し出す側はお小遣い稼ぎや投資になる。
お互いwin-win!

…と言いたいところですが、現時点では色々とグレーな点が多いように感じます。

ホテルや旅館は一定の法律によって宿泊客の安全を確保したり食中毒が出ないように衛生面での管理が求められていたり、それなりに縛りが多いと思うのですが、民泊は民家に泊まるのだからこれらの法律が適用されていません。

その分フリーダムというか自己責任というか、危ない橋だと思うんですよね。

友達を泊めるような感覚で他人を泊めるって自分的には恐怖だし、実際に宿泊者がお部屋の備品を持ち帰ってしまったようなトラブルもあるそうです。

また自分がマンションなどの集合住宅に住んでいるとして、隣の部屋が民泊でいつも知らない人が出入りしていたら正直あまりいい気分はしません。

言葉の通じない外国人が出入りしていると治安が悪くなったり、テロリストが潜入するかも知れません。

エアビーアンドビーは最大一億円まで補償してくれるそうなので、何かトラブルがあった時には安心できますが、あまり軽い気持ちで手を出すにはハードルが高いように感じます。