地震が起こった時に重要となるもの

大きな地震が起こった場合、電気やガス、水道などが止まってしまうことが予想されます。それらのライフラインが止まると、今までと同じように生活することさえ困難になってしまうでしょう。ライフラインが復旧するまでの間は自分たちで備えた備蓄品が頼りとなります。家族1人1人の分の防災グッズを予め準備しておくと安心です。併せて地震予報も確認しておきましょう。

地震に備える

スペクトル図

食べるものはどれくらい必要なのか

防災グッズや備蓄品で一番重要なのが飲み物や食品です。飲み物は1人に対し、1日3リットルほどが目安になります。それを家族の人数に合わせて3日分程用意しておくといいでしょう。特に大きな地震が想定されている地域の場合は飲み物や食料を1週間分以上用意しておくことが望ましいです。また、水は飲むだけでなくトイレを流すときや手を洗うときなど、生活する中でも必要になります。ポリタンクやお風呂に水を備えておくということも大切でしょう。最近では折りたたんで使うことができるポリタンクもあるようです。ポリタンクは水を溜めて持っておくだけでなく、給水してもらうときにも役立ちます。

食べ物や飲み物以外に必要となるもの

食べ物や飲み物以外に、災害時はどんなものを用意したらいいのでしょうか。まず、傷や怪我に備えて救急用品が必要となります。衛生面も心配されるのでマスクも準備しておくといいでしょう。電気が無い場合のために予備の電池や充電器が活躍します。この他にも、ティッシュやウェットティッシュ、携帯トイレや懐中電灯、毛布やタオル、使い捨てカイロなどを備蓄しておきましょう。衣類や下着はもちろん、女性の場合は生理用品、子供がいる場合はオムツや衛生用品を準備することも忘れないようにしなくてはいけません。

防災グッズや備蓄品はどこに置いておくのか

災害時の備蓄品や防災グッズは、リュックサックにまとめるのが一般的に多いようです。スーツケースやボストンバックという意見もありますが、それらと比べてリュックサックなら両手が自由に使えるという利点があるのです。また、保管場所では玄関に置く人が多いです。すぐに出ることができる場所ということが大きなポイントとなっています。ただ、玄関だけに置いて置くとそこが使えなくなった場合に困ってしまうでしょう。ですから、車や他の部屋にも予備として防災グッズを置いておきましょう。玄関の次によいとされるのが寝室です。寝室は寝ているときに災害が起きてもすぐに手にとることができる場所です。また、家の中だけでなく庭や外にある物置に置いておくという方法もあります。屋外に置いておけば倒壊してしまった場合でも取り出すことができるでしょう。地震で家に出入りできなくなることも考えて、どこに準備するかを検討するべきです。